TOPへ戻る  >  投資信託はどういう人に向いている?

投資信託はどういう人に向いている?

あなたに代わって投資のプロであるファンドマネージャーが運用してくれる投資商品である投資信託。小額資金から始められるから、まとまった額の資金がなくても投資に関する詳しい知識がなくても始められることから、多くの人から人気を集める投資商品です。そんな投資信託は、どのような人に向いたものなのでしょうか。

投資をするということは、手元にある資金を有効に活用して資産を増やすということ。しかし投資なら株式などといったさまざまな方法があります。その中でも投資信託を選ぶのは、定期預金以外で資産を増やす方法を考えている方や長期での積み立てで資産を増やしたい方、株に興味はあるけど始める決心がなかなかつかないといった方が多いようです。つまりこのようなことをお考えの方に、投資信託は向いていると言えるんですよ。

たとえば定期預金以外で、と考えている方の場合。現在の日本の金利は、海外の先進諸国と比較するとかなり低い水準となっています。しかし投資信託では世界の高利回りの債券を活用しているため、リスクを分散しつつ国際投資が行なえ、安定したリターンが期待できるのです。また長期の積立を考えている方の場合ですが、投資信託ってじつは積立ができるもの。1万円から始めることができるから、複数のファンドを少しずつ積み立てすれば、コツコツと積み立てていくことができますね。さらに、株取引を始めてみたいけど取引時間は仕事で株価がチェックできないといった理由で株取引を始められないという方の場合は、投資信託を通じて株式への投資を行なうことができます。これなら忙しい方でも、資産運用はプロに任せながら株に投資ができますね。

つまり、投資信託はさまざまな投資方法を考えている多くの人に向いた投資法であるということ。「自分に向いているかも」と思われたあなた。あなたもさっそく投資信託を始めてみてはいかがでしょうか。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託や保険の積立のやさしい解説. All Rights Reserved.