TOPへ戻る  >  投資信託のメリット・デメリット

投資信託のメリット・デメリット

どのような投資商品にも必ずつきものなのがメリットとデメリットです。投資信託にも当然、メリットもあればデメリットも存在します。投資信託の商品であるファンドを購入する際には、必ずこうしたメリットとデメリットを確認して頭に入れておきたいもの。ここでしっかりとチェックしておきましょう。

まずはメリットから。まずはじめに挙げられるのが、初心者でもカンタンに始めることができるということ。投資信託では投資のプロがあなたに代わって運用をしてくれるので、運用に関する詳しい知識がなくても大丈夫です。また投資情報を収集したり判断を行なったりする手間が省けるので、日々忙しくて時間に余裕がないという方でも気軽に投資できますね。次に挙げられるのが、小額資金で始められるということです。ほとんどの投資信託は、1万円から取引が可能になっています。積立ができる投資信託もあるので、まとまった資金がなくても、気軽に少しずつ始めることができるんですよ。運用成果次第では大きなリターンも期待できるというのも魅力的ですよね。さらに国内だけではなく海外に投資される商品などもあって、商品の種類がかなり豊富なのもメリットだと言えます。

ではデメリットはどういう点でしょうか。デメリットとして挙げられるのは、元金保証ではないという点です。投資信託は運用の内容によって基準価格が変動するので、場合によっては元金が割れてしまう可能性がないとは言えないんです。また申し込み時などに手数料というコストがかかってしまうという点も、デメリットであると言えます。

このように、投資信託にはメリット・デメリットが存在します。投資を始める前にこうした点をしっかりとチェックするようにしましょう。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託や保険の積立のやさしい解説. All Rights Reserved.