TOPへ戻る  >  投資信託とは?

投資信託とは?

資産運用の方法の一つとしてよく名前が挙がる投資信託。名前だけはよく耳にするけれど、その内容がいったいどういうものなのかは詳しく知らないという方、意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。定期預金や株式投資とはまったくその性質が異なる投資信託。この投資信託とは、どのようなものなのでしょうか。

投資信託とは、運用のプロがあなたの資金を運用する投資商品のこと。投資信託では、多くの投資家から資金を集め、その集めた資金を運用のプロであるファンドマネージャーが株式や債券などさまざまなものに投資します。その投資の結果、得られた利益が資金を出資した投資家に分配されるようになっているんですよ。つまり投資信託とは、あなたの資金を投資信託を購入することによって間接的に選んだ投資の専門家に信託する金融商品なんです。自分の資金を自分の権限で預ける定期預金や、自分で判断して売買を行なう株式投資などとはまったく違うものだということがよくわかりますね。

この投資信託にはいろんな種類があり、購入できる金額や扱う金融会社も銀行・証券会社などとさまざまです。運用するのは投資のプロであるファンドマネージャーですが、あくまでも主人公は出資者であるあなた自身。運用の成果は出資者であるあなたに還元されることになります。投資信託は購入したからといって、安心して任せっぱなしにしてよいという商品ではありません。こうした点を頭に入れながら、投資信託を選ぶようにしたいですね。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託や保険の積立のやさしい解説. All Rights Reserved.