TOPへ戻る  >  積立保険で老後の資産運用

積立保険で老後の資産運用

積立保険を貯蓄のために利用する方が増えています。保険というシステムは本来、保障をメインに運用される制度ですが、最近では保障部分を減らした死亡保険金や、積立金(満期金)だけの商品も多いようです。保険期間は平均して5年程度で、貯蓄性の高いものについては、診査なしの契約も可能です。

積立保険の保険料は、年齢に関係なく一律のタイプが多いのが特徴です。生存保険型の積立保険に関しては、死亡した場合に受け取るお金は「死亡保険金」ではなく「死亡払戻金」と呼ぶ点にも特徴があります。

年金を運用するための保険としては年金保険が人気を呼んでいます。被保険者は定められた期間保険料を支払えば、あらかじめ決めておいた年齢(たとえば60歳、65歳など)から、一定期間(5年、10年程度)、もしくは生涯にわたって終身で年金が受け取れる保険です。受け取り方や受給額はプランによって異なり、「有期年金」、「確定年剣」、「終身年金」、「保障期間付き終身年金」、「夫婦年金」などがよく知られています。ちなみに、60歳を超えて10年間以上の支払いがある個人年金については、年末調整で個人年金保険料控除の対象になるので覚えておきましょう。

積立保険に限らず、保険は掛け金と保障のバランスが重要です。保障を減らせば減らすほど掛け金は安くなりますが、いざという時に十分な手当てが受けられません。積立(貯蓄)を重視するのか、安全性(死亡時や医療費の保障)を重視するのか、あらかじめきっちりと決めておきましょう。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託や保険の積立のやさしい解説. All Rights Reserved.