TOPへ戻る  >  積立保険のメリット

積立保険のメリット

日本では終身タイプの保険が人気を博しています。終身保険とは、一生涯に渡って保証が続くタイプの保険で、保険に加入した本人が亡くなっても、残された家族が必ず保険料を受け取れるというメリットがあります。途中で解約すると大きな解約返戻金があるため、「積立保険」、「貯蓄保険」と呼ばれることもあります。終身保険は掛け捨て、というイメージをお持ちの方も多いようですが、必ずしも保険料が無駄になるようなタイプの保険ではありません。

終身保険に対して、保障が一定の期間で終わる生命保険は定期保険と呼ばれます。保証額や積立性は低いものの、毎月の支払が安い点で大きなメリットがあります。短期の積立保険としてはおすすめです。小額であれば、掛け捨てタイプの保険でも加入した方が良いでしょう。通常は掛け捨ての保険ほど、支払金額に比べかなり大きな保証が用意されています。

終身保険を積立保険として利用する場合、現金が必要になって途中解約をしてしまうと、積立てた額よりも戻ってくる額が少ないので、実質的には損をしてしまいます。あくまで死亡保障を重視するなら、その点は割り切って考えなければなりません。途中解約を視野に入れるのなら、終身保険は月々の保険料を抑えながら、支払に無理の無い契約をすることが望ましいでしょう。

終身保険には満期がありません。保険料の払い込みが終わった後も、解約しない限り解約返戻金が一生涯増加し続けます。老後の準備資金として、積立目的に契約する方も多いようです。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 投資信託や保険の積立のやさしい解説. All Rights Reserved.